風俗アルバイトではどんな面接が行われるの?

風俗店でのアルバイトを検討している女子たちへ!

風俗は、お客様に奉仕するのが仕事であると理解しておく

風俗という仕事にはいくつかのジャンルがあります。 基本的にお客様にセクシーなサービスを提供する仕事ですが、ジャンルによってサービスのレベルが異なります。 自分にはどこまでのサービスができるのかを、じっくり検討しておきましょう。 応募をするなら、その風俗店について事前にリサーチをしておくことも大切です。

面接時に好印象を持ってもらうために心がけておきたいこと

人気店の募集には多くの応募者が殺到することもあり、競争率がかなり高くなることもあるようです。 希望の店で働くためには、面接の担当者に好印象を持ってもらわなければなりません。 ここでは、面接に出かけるときに心がけておきたいポイントについて考えておきましょう。

自分にはどのジャンルの仕事が向いているのか?

風俗というのは、他の一般的な仕事よりも多くのお金を稼げる仕事です。

「生活をレベルアップしたい」
「将来のために貯金をしておきたい」
「夢を実現するためにたくさん稼ぎたい」

そんな思いを胸に、風俗の仕事に就くことを検討している女子は少なくありません。
時間も比較的自由に設定できるお店も多いようですし、学歴や職歴には関係なく就ける仕事であるというのも魅力のひとつと言えるでしょう。

しかし多くのお金を稼ぐということは、そのお金に見合うだけの労働をしなければならないということです。

風俗店を訪れるお客様は、心身の満足を求めてやってきます。
そんな要求を満たすためには、出迎える側では最高の接客サービスを提供しなければなりません。
繰り返し訪れてくれるよう、工夫を凝らすことも大切です。
会話や笑顔でおもてなしをするのはもちろんですが、セクシーなサービスを提供することも、風俗店で働く人の重要な仕事です。

つまり風俗とは、体を張った奉仕の仕事なのです。
店に訪れる人が礼儀正しい人ばかりではありません。
傍若無人にふるまうお客様もいるでしょう。
どんなお客様に対しても、喜んでもらえるように、そして疲れを癒してもらえるように、時には自分を滅して尽くすこと。
究極の奉仕が求められるのです。
その奉仕の対価として、お客様は高額のお金を支払ってくれるのです。

お金のために我慢をしながら不機嫌な気持ちで接しても、それはお客様の満足にはつながらないでしょう。
いただくお金の分は精一杯尽くしてあげたいと思えるかどうかが大事であり、そう思うことができなければ、風俗の仕事は長続きしないかもしれません。

面接では何を聞かれ、何が合否の分かれ目になるのか?

風俗の仕事に就くには、基本的に学歴や職歴は関係ないといわれていますが、やはり社会人としての常識は求められます。 そして、風俗の仕事に向いているのかどうかも大事なポイントです。 面接の担当者はどんな質問をしてくるのでしょうか? どこを見て採用の合否を判断するのでしょうか?

TOPへ戻る