風俗店でのアルバイトを検討している女子たちへ!

面接時に好印象を持ってもらうために心がけておきたいこと

身だしなみも見られている

一般企業の面接とは異なり、スーツを着用する必要はなく私服で行くのが基本です。
しかし私服だからこその難しさもあり、人となりや嗜好を観られていることを忘れないようにしましょう。

服は、女の子らしい優しさを表現できるワンピースや、淡い色のジャケット+スカート等がおススメです。
派手になりすぎず、露出を抑えたものがいいでしょう。

メイクはナチュラルメイク。
ネイルはしないほうが無難ですが、つけるならシンプルなデザインのものにしましょう。

ヘアスタイルはふんわりとしたやわらかな印象に。
ブラッシングを丁寧に行い、清潔感のあるスタイルに仕上げましょう。

そして体臭や口臭の対策も万全に。

彼氏とデートするときの自分をイメージするといいかもしれませんね。

社会人としての常識から逸脱しないこと

店ごとに採用の基準は異なりますが、社会人として働くからには、社会人としての常識を持ち合わせていなければなりません。

まずは時間を守れること。
面接の時間を指定されているにもかかわらず遅れてしまうような人は、まず信用されません。
道に迷ってしまったという言い訳も通用しません。
道順、所要時間を事前に調べておき、相手を待たせないよう余裕をもって出かけるようにしましょう。

言葉遣いにも注意が必要です。
面接の場では、まず挨拶ができるかどうかを観られます。
そして、相手に不快感を与えないような丁寧な話し方ができるかどうか、敬語を使えるかどうかも、採用の判断基準となります。
面接の雰囲気に慣れたころ、タメ口をきいたり、必要以上にはしゃいでしまうことのないように注意しましょう。

風俗の仕事は、お客様との言葉のやり取りがなくては成り立ちません。
相手に敬意を払う姿勢を忘れないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る