風俗店でのアルバイトを検討している女子たちへ!

面接では何を聞かれ、何が合否の分かれ目になるのか?

働く意欲のレベルを知るための質問

面接では、担当者がいろいろな質問を投げかけます。
しっかりと耳を傾け真面目に答えるのが基本ですが、質問には意図があります。

「いつから働けるのか?」
これは、戦力になってもらえるかどうかを確認するためです。
冷やかしで来ていると思われるようなあいまいな答え方をすると、それだけで不利になる可能性があります。

「週どのくらいのペースでいつまで働きたいのか?」
雇う側としては、今後の店運営のためにはぜひ確認したいことです。
多めに応える必要はありません。
自分にできる範囲で、正直に答えましょう。

「どのくらいのお金を稼ぎたいのか?」
この質問に答えるときには、まずお金を稼ぐ目的を明確にしましょう。
夢の実現のための資金がある、生活のレベルアップのために月に〇〇万円は稼ぎたい、借金を返済するために頑張りたい…等々。

担当者に対して働く意欲をアピールすることが大事です。

向き不向きを見極めるための質問

風俗という仕事には、人によって向き不向きがあります。
働く意欲はあっても、実際に現場で戦力にならなかったり、ストレスを抱えてしまったりする人もいます。
そこで面接の担当者は、次のような質問をすることで向き不向きを判断するようです。

「この仕事を始めようと思ったきっかけは?」

「風俗の仕事は初めてか?」

「パートナーはこの仕事に就くことを了解しているのか?」

そのほかにも、どこまでのプレイなら可能なのかを聞かれたり、性感帯を尋ねられたり、雑誌等に顔出しできるかどうかを確認するといった、風俗独自の質問もあります。

見栄を張る必要はありません。
嘘をつかず、正直に答えましょう。
そして、わからないことは素直に尋ね、納得のできない部分をあいまいなままにしておかないことも大事です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る